旅するカフカの仕組まとめ3【ワールドベンチャーズ 口コミの連鎖】

こんばんは。久保寺優介です。

前回の記事ではインターネットビジネスの主流の特徴をお伝えさせていただいた上で

アフィリエイトに仕組化を語る上での、諸刃の剣を組み合わせる事でビジネスプランの相互補完をし

多大な優位性を活用できるというお話をさせて頂きました。

私が諸刃の剣と呼んでいるものですが、これはMLMと呼ばれる マーケティング戦略です。

ネットワークビジネス、ダイレクトマーケティングなど、一度ぐらいは耳にされたことがあるかも知れませんが

これは非常に誤解の多いビジネスで

それゆえにこの マーケティングの特長や優位性を客観的に正しく評価できている方はほとんどいません。

というのも私が諸刃と呼ぶ理由となっていますが

このマーケティングはリスクも大きく、単体では上手く扱えないのです。

私の認識ではインターネットやアフィリエイトのシステムと組み合わせることで初めてその優位性、 真価を発揮します。

この組み合わせのビジネスの優位性を利用するためには

MLMとアフィリエイト、両者の特徴を深く理解し、かつ、専門的なスキルが求められますので

近いことをされている方はよく見ますが、システムにまで落としこんでいる方は見たことがないので

今回、その概要を丁寧にお伝えさせて頂きます。

はじめにMLMについて解説させて頂きますが

あくまでもアフィリエイトシステムと組み合わせることが前提であって

MLMそのものをお薦めている訳ではないということを念頭に置いて下さい。

MLMというビジネスモデルはマルチレベルマーケティングの頭文字を取って呼ばれていて

他にも ネットワークビジネスやダイレクトマーケティングなどと呼ばれます。

 

これはマーケティング戦略の一つです。

 

マルチレベルマーケティング(MLM)って何?

 

すでに60年ぐらいの歴史がありますので、今ではかなり幅広い分野で使われていますが

ここでは業界のパイオニアであり世界最大手の『A社』という企業の仕組みをご覧頂けると

非常にわかりやすいかと思いますので、引用させて頂きます。

有名な企業ですが、ビジネスとしてあなたに薦めたい案件ではないので、ここでは名前は伏せさせて頂きます。

この企業は日用品を製造する メーカーです。

化粧品、サプリメント 、洗剤、食品など幅広く製造していて

年商1兆円規模の世界50カ国以上に展開する一流の企業です。

この企業は商品を流通させるためにMLMのマーケティングを開発した企業です。

一般的なメーカーというのは商品を製造してから消費者に届けるまでに、さまざまな中間代理店を通します。

ドラッグストアに並ぶシャンプーも店頭に並ぶまでに中間の卸業者や商社を通じて流通します。

そのほか、商品を世間に認知させるためにテレビCMや街頭に広告を出しますので

消費者の手に届くまでに中間流通の利益分や多額の広告費が上乗せされて原価の何倍もの値段が付いています。

特にイメージが重要な化粧品はこのコストが大きく、原価率10%~1%以下の商品も少なくありません。

参考:化粧品の原価率と業界の市場規模 – 日本と世界の統計データ

一方でA社は、この仕組みが良くないんじゃないか・・・ということで

工場からダイレクトで商品をユーザに届ける仕組みにしました。

これが、ダイレクトマーケティングであり、会員制ビジネスです。

ユーザーに直接を届けることで中間流通や広告にコストがかからないので

その分を研究開発費や設備投資に回すことができ、結果、非常に質の良いものを原価率平均約30%で実現しています。

店舗や広告を使わないで、どうやって商品を世間に認知させているのかというと、ここに口コミを使いました。

A社の会員は各々がユーザ、消費者でありながら、同時に販売員として商品を販売する権利を持っています。

要するに、この企業が提案しているのは『まずユーザーとして商品を使って下さい。』

そして『もしあなたがファンになったらファンとして知人や友人にもご紹介してください。』

『その際は、あなたに紹介料を支払います。』

というような紹介した分だけ報酬を支払う成果報酬型の仕組みを採用しました。

これはアフィリエイトと同じです。

ただ、いくら良い商品を作っても多少の紹介料欲しさに皆が皆 口コミするわけではないので

紹介料を払うだけではCMを打つようには世間に認知はされません。

そこでA社は口コミの連鎖を起こすために紹介料に加えて紹介の方法を教える

育成伝達に対しての報酬も設定しました。

つまり直接の紹介料だけではなく

あなたから広がった流通全体に応じて報酬を支払うというような多段階の評価を取り入れました。

これによりマルチレベルマーケティング、多段階のマーケティングと呼ばれるようになりました。

これと比較したアフィリエイトはシングルレベルマーケティングと呼ばれます。

アフィリエイトは基本的に直接の紹介者からの報酬のみですが

MLMは組織全体の多段階の流通を評価されるので大きなレバレッジがききます。

もちろん、先に参加した方だけが得するシステムにならないように

報酬のプランが法律によって厳しく設定されています。

世界各国で異なりますが

日本だと特定商取引法第33条の連鎖販売取引法によって採用と育成の総合評価になるように設定されています。

このMLMのネットワークモデルは正に複利の力そのものですので合理的かつ強力なマーケティング戦略です。

それ故に、極一部、法律を守らずに悪質にMLMを使う企業がネズミ講やマルチ商法として摘発されることがありますが

MLMのビジネスモデル自体には何の問題もありません。

アメリカの大統領である大富豪のドナルド・トランプ氏も

MLMを活用して富と得たとウォールストリートジャーナルに記載がありました。

参考:ウォールストリートジャーナルの記事です。

実際にMLMのモデルを使うことによって数千億円規模に成長した企業は幾つも実例がありますし

それに際して億万長者 になったユーザーもたくさんいます。

トランプ氏もMLMを利用して富を得た1人だということです。

 

MLMには3つの優位性があります。

 

まずは組織の多馬力による拡散力です。

これはネット状の炎上と同じ 原理です。

ネット上で問題発言をした人のつぶやきが拡散されて、それを見たユーザーがまた拡散して

さらに拡散してという拡散の連携が続いて社会現象になったりしますよね。

MLMで流通の連鎖が続くと1馬力のセールスでは絶対に作れない規模の巨大な流通を起こすことができます。

優位性の2つ目は報酬のプログラム上、自分の組織の方が流通を起こせば起こすほど

自分にも利益が上がりやすくなりますので代理店同士の利害関係が一致します。

あなたよりも先に参加されている方からは情報提供やサポートをしてもらうことで活用できますし

逆にあなたの組織の方からは流通を作る一助になってもらいます。

このように先輩代理店にはコンサル料を払うことなく協力してもらい

組織の方からは給料を払うことなく売り上げに貢献してもらいます。

このWin-Winの仕組みにより、3つ目の優位性としてMLMでは経費が殆どかかりません。

この仕事は正しく連鎖させれば、売り上げが指数関数的に増えるので受け取る報酬は多馬力でありながら

経費は1馬力、自分の分だけという特徴があります。

通常の事業だと売上が上がっても、人件費や設備投資といった経費も上がるので

簡単に言うと増えていく売り上げから増えていく経費を抜いたお金が、あなたが受け取る利益になります。

効率が悪いですよね。

しかしMLMでは売上は多馬力(上がっても)でありながら経費は自分の分だけですので

一般的なビジネスよりも多額の利益が得られます。

最終的に手元に残る報酬が全く異なってきます。

このようにMLMには独自の優位性があります。

ここまではMLMのメリットをご説明させて頂きましたが

MLM単体のビジネスは私が諸刃と呼ぶように現実には大きなリスクを伴います。

 

MLM単体で行うビジネスのリスクって何?

 

ここからはMLMのリスク面をご説明させて頂きたいのですが、

まず1つ目、そもそも理論上とは異なり現実には殆どの方は

うまくアポイントをとれずに会員募集、リクルートができません。

私でも難しいです。

ニーズの無い相手に向かって何の脈絡もなく、中途半端に話をしてしまったり

不必要に報酬の話をいきなりしてしまったり、友人から怪しまれたり、煙たがられたりして

社会生活において最も重要な、あなたの信用そのものを阻害するリスクが高いです。

実際に多くのMLM経験者の方は信用を失い、友人を無くしたとおっしゃる方が後を絶ちません。

そして2つ目、MLMは理論上は複利になりますが、リクルートに既に壁がありますので

実際は連鎖させるのはすごく難しいです。

マニュアルを用意しても個人個人、育ってきた環境や今のスキルも違うので

みんな同じようには話せませんし似たような境遇の方しか広まりにくいです。

そして3つ目、権利収入を謳いながら実際は労働収入型になっていることが多いです。

プレゼンをしたり、セミナーに参加したり打ち合わせをしたり組織が増える分

時間とコストがかかるので『稼げている風』の方は割といますが、ふたを開けると意外と残っていない方が多いです。

私も今のビジネスに参加する前にはセミナーに参加したことがありますが、本当に大変です。

地方ではセミナーを開催しないケースも多いですし変な馴れ合いもありますので

セミナー参加は向かない方もいると思います。(セミナー好きな方、申し訳ありません。私個人の感想です)

つまりMLMを単体でやるには不確実性とリスクが高すぎて

稼ぎやすさ、長期性、仕組化、どれも満たしているとは言いがたいです。

 

じゃあ、どうすれば良いの?

 

それは、MLMにアフィリエイト、インターネットを組み合わせることで両者の欠点を相互補完し

真価を発揮することができます。

通常のアフィリエイトがSNSや 動画サイト、ブログなどで視聴者を集め

その視聴者が何かを購入したり広告を見ることで報酬が発生します。

今はネットのツールが発達してきているので誰でも簡単にSNSで何万人という視聴者を集められたり

いまや小学生でもスマートフォンで動画を撮影してアップできたり

プログラムが書けないネット初心者でも簡単に綺麗なホームページやブログが作れますので

視聴者を集めること自体は難しくないです。

しかし、アフィリエイトは基本的にシングルレベルのマーケティングなので視聴者がエンドユーザーになります。

視聴者はあくまでも『顧客』なので収入を得るためには継続して視聴者を集める必要があります。

もう、お気づきかもしれませんが

アフィリエイトで広める案件としてMLMの会員募集を行うことでこの労働収入が権利収入に変わります。

アフィリエイトでMLMの案件を広めると視聴者はエンドユーザーではなく代理店になりますので

彼らもまたアフィリエイト、会員募集するようになります。

これがマルチレベルで連鎖していきますので

シングルレべルのアフィリエイトとは広がるスピードも規模もまったく違ってきます。

しかもこの組み合わせのビジネスメリットの部分だけではなく、MLMの欠点を全て補うことができています。

今回カフカさんが企画した、このビジネスは正にこのネットMLMの事業になります。

この企画に参加した時点でカフカさんが設立したパートナー専用サイト(トップページにリンクがあります)から

メンバー専用のURLを発行できるようになります。

このURLの先には、カフカさんが作成した事業動画に飛ぶようになっています。

この動画のURLをネット上で拡散して頂くだけで自動的に組織を作ることができます。

拡散の具体的な方法は学習コンテンツやメンバー同士のLINEグループで情報共有をしています。

初心者の方でもシッカリと成果を上げられるように本質的なノウハウを共有しています。

そしてメンバーの方はSNSや動画サイトあるいはブログやホームページで動画のURLを拡散して頂きます。

すると、不特定多数の無数のネットユーザーがあなたのURLを経由して動画を視聴します。

中にはまったく興味をもたれない方もいらっしゃいますが、興味を持たれて企画に参加される方もいます。

仮にあなたのURLから参加希望者が出てくれば、この新規のメンバーは新たな組織の会員となります。

この新しいメンバーも同じように事業の学習動画やサポートを受けて動画を拡散されますので

拡散できる規模が増えて、あなたの流通を多馬力で起こせるという仕組みです。

学習コンテンツや アフィリエイトシステム、その他あらゆるサポートは、すべて無料で使えるようにしています。

 

このビジネスモデルの優位性とは?

 

このモデルを従来のMLMと比較して頂きたいのですが、通常はまず友人、知人らにアポイントを取って実際に会って

事業説明などをして、その新規の会員に仕事のやり方を教えるという流れですが、それゆえに信用を阻害したり

うまく連携できなかったり、労働収入的になるというリスクがありました。

しかし、このネットMLMの仕組みだと匿名的に無数のネットユーザーに対してスマホやPCで動画を拡散するだけで

あとは事業説明から採用後のフォローまで、すべてカフカさんの作ったシステムが自動で組織構築を行ないますので

あなたはMLMとアフィリエイトの優位性の部分だけうまく活用することができます。

そしてこのビジネスはMLMの優位性、Win-Winの関係が成立していますので

企画の参加者には、システムも学習のコンテンツもすべて無料で提供されています。

あとは拡散するMLMの案件がしっかりしたものであれば、誇張抜きににスマホ1台で長期的に残る権利収入が作れます。

次の記事ではこのネットMLMの仕組みを使って広めていく案件とその事業内容について詳しく紹介させて頂きます。

事業内容、報酬プラン、ビジネス経費について労働から解放されるように何十年と長期的に残していけるという

長期性の部分と極力、経費を抑えて匿名性も守れるようなリスクヘッジの視点、さらには日本国内だけに留まらず

組織を世界展開させていけるような拡張性、普遍性のある案件であるかどうか・・・

これらの視点で厳密に選んでいますので、これを具体的に紹介させて頂きます。

通常、このレベルで自動化を実現した事業を作ろうと思えば、事業とシステムを作るのに

何百万、何千万円とコストがかかりますが、今回はネットと組織の優位性をフルに活用できていますので

事業に係る経費を聞かれると、その差に驚かれると思います。

このビジネスに参加されたい方、ご質問がある方、お気軽にご連絡下さい。

私の所属するカフカグループであれば、このビジネスモデルを余すところなく活用できます。

次の記事:旅するカフカの仕組まとめ4

**私のLINE  IDです**

検索ID  @myi8254e (@を忘れないようにお願いします)

友だち追加

 

>>旅するカフカグループでビジネスパートナーを募集中

※ぜひ、ごちらもクリック頂けると嬉しいです


不労所得ランキング
にほんブログ村 小遣いブログ 不労所得へ
にほんブログ村

会社に頼らず生きていく方法

社畜だった私がネットで稼ぐようになり
『会社に頼らず生きていく』ために
月10万円~を得た【現実的な方法】
を紹介します

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です