ワールドベンチャーズの報酬で年収1億円を達成する方法

 

こんばんは。久保寺優介です。

今日は刺激的なテーマの『ワールドベンチャーズの報酬で年収1億円を達成する方法』を記事にします。

 

会社に頼らず生きていくためには、多額のお金が必要不可欠で、しかも継続的な収入(権利収入)でなくては駄目です。

 

私は権利収入を獲得するためにマンション経営やワールドベンチャーズのビジネス(仕事)等をしているわけですが

このブログ等を通じて多くの方と意見交流を続けている中で、

カフカグループに限らず別グループの方においても、多くの参加者・検討者は報酬体系がよく分からずにいる事が多いように見受けられましたので

今回の記事作成を思い立ちました。

 

刺激的なテーマですが、至極まっとうな内容となっていますので、最後までお付き合いください。

 

普通は仕事をする上で自分の受け取る給料を知らずに働く方はいないと思います。

 

雇われの仕事であれば雇用主側がそれを明記してくれますが

このビジネスはオーナー業ですので主体的に自分で調べる必要があります。

 

ビジネスとしてあなたの貴重な時間を使う以上、

この仕事において何をすればどのくらい報酬が受け取れるのか・・・

これを最初に把握しておく必要があります。

 

まず前提として、ビジネスというのは成果報酬型であるという特徴を押さえてください。

かけた時間や仕事量ではなく、起こした流通量、結果によって報酬が決まります。

 

ざっくり言うと会員をたくさん集めれば、たくさん報酬は支払われるのですが

今回の仕事は採用と育成の総合評価になります。

 

※今後、報酬を語る上ではリクルートとバイナリーと呼ばせていただきます。

リクルートの報酬はあなたが何名、会員をリクルートしたかというあなたの一馬力の成果に対し発生します。

 

一方バイナリーは”あなた”から始まる組織全体の束力を評価して発生します。

そしてこの2つの報酬は圧倒的にバイナリーが大きくなります。

 

これがどのくらい違うのか、この規模感を ”あなた” はつかめていますでしょうか?

 

ここがすごく重要で今から解説させていただきますが

正しく理解していないと努力の方向性が変わってきますので100%理解できるまでは何度も読み返してください。

このビジネスで成功するためには報酬プランを理解することが最も重要だと言っても過言ではないと思います。

 

『ワールドベンチャーズの報酬で年収1億円を達成する方法』をお伝えする前に

報酬プランの概要をお伝えします。

 

まずリクルートに対する報酬ですがこれは非常にシンプルです。

単純にあなたがリクルートした会員の数に応じて報酬を得ることができます。

 

1名の新規会員をリクルートすると現金50ドルとワールドベンチャーズの旅行ポイント200ドルを受け取ることができます。

報酬は新規会員の登録料から支払われますので1回のみ単発の報酬です。

 

つまり、もう1名リクルートすれば+50ドルを受け取ることができて

さらにもう1名 リクルートすれば+50ドルを受け取ることができます。

 

あとは連続して28日以内に3名をリクルートした場合100ドルないし150ドルのボーナスが出ます。

リクルートに関してはこれだけです。

非常にシンプルです。

 

いわゆるアフィリエイトの報酬なので労働収入的であり、かつ大きな報酬にはなりにくいです。

 

では次にメインの収入を作るバイナリー報酬を見ていきます。

バイナリーというのはラテン語で2を意味する

バイ(Bi)と対(nary)を意味する形からできた言葉です。

 

バイナリーとは、あなたから起こす 流通を評価する際に2つの組織に分けて評価するという制度です。

そしてこの二つの組織の売り上げのうち、少ない方を評価するというルールになっています。

 

なぜ、わざわざ2つに分けて評価するのかというとこれが法律定められている

逆転できる仕組みになっているからです。

 

あなたは2名の新規会員 Aさんと B さんをリクルートしたとします。

この Aさんはこのビジネスの可能性を感じ、本気で仕事として取り組んである期間に60名、50名の組織をつくったとします。

一方 Bさんは専業主婦をされながら空いた時間に取り組んで、ある期間に10名、10名の組織を作ったとします。

この場合 A さんは左右で少ない方は右側の50の組織ですのでこの50に対して報酬を受け取ります。

 

そして B さんは左右の組織が10名ずつですので、この10という数字に対して報酬を手にします。

 

そしてあなたは左右の組織で少ない方は B さん側の10名と10名を足した20名になりますのでこの20という数字に対して報酬を受け取ります。

このとき A さんはあなたよりも後に参加されましたが受け取る報酬では公平に評価されて、あなたよりも多く受け取ることになります。

blank

このように入った順番にかかわらず、起こした流通に応じて公平に報酬を受け取るためにバイナリーの評価制度を採用しています。

 

バイナリーの仕組みですがあなたからまずは2名リグルートすることで

このように2つの組織を持つことができます。

blank

そしてあなたが3人目の Cさんをリクルートした場合

Cさんも左右の組織に振り分ける必要がありますので A さんの下かあるいは Bさんの下に振り分けをします。

 

もちろん組織のメンバーであるAさんが新しい会員 Dさんをリクルートした場合は左側のメンバーとしてカウントされます。

あるいはアップラインから組織に人を振り分けることもあります。

blank

このようにバイナリーではあなた一人で行うのではなくグループやアップラインの力を借りて組織として流通を起こしていきます。

 

今回のバイナリーではあなたから見て左右の組織で少ない側これをパーソナルグループと呼びますが、そのパーソナルの人数を評価します。

 

バイナリーの報酬は大きく分けると2種類ありまして

一つが新規会員の登録料を原資とした報酬です。

これは登録時の入会金300ドルが報酬の原資になりますので単発の報酬で週払いで支払われます。

 

そしてもう一つが会員の月会費を原資とした報酬です。

こちらは毎月継続して入る報酬になります。

 

一つ目の報酬ですがこれはあなたのパーソナルグループで新規会員が3名できる度に1サイクルとしてカウントし

これに対して100ドルの報酬が発生します。

 

厳密に言うと左右の組織で3名3名を1サイクルとしてカウントしますが、ここでは簡略化して

パーソナルの人数と表現します。

 

また、1週間のうちに3サイクルできるとその3サイクルの単価が倍の200ドルになるボーナスもあります。

 

そして次に継続収入ですが SR以上のタイトルになるとパーソナルの人数×10ドルが毎月支払われます。

 

さらにタイトルがディレクター以上になると単価が15ドルに上がります。

それにプラスしてあなたがリクルートした人数が5名以上になると組織全体の売上の8%を獲得できます。

下限が300ドル上限が1500ドルのボーナスで毎月15日に支払われます。

 

バイナリーの報酬は基本的にこの2種類で給料日が月に5回あるようなイメージなのです。

blank

これだけ見ても

実際にどのくらい入るのかイメージを持ちにくいと思いますのでシミュレーションを見ていきたいと思います。

ここでは簡略化したモデルを使います。

企画のメンバーが1カ月で1名ずつリクルートした場合を見ていきます。

 

1ヶ月目

 

1ヶ月目あなたは1名リクルートします。

するとリクルートに対する報酬は50ドル支払われます。

QRになるまではバイナリーの報酬は発生しませんのでここではバイナリーの報酬は

ゼロです。

なので合計の報酬は50ドルです。

blank
次に2ヶ月目

 

あなたはまた1名リクルートします。

1ヶ月目にリクルートしたメンバーもこの月には動き出しますので

この方も1名リクルートしていきます。

 

報酬は同じようにリクルートに対して50ドル。

バイナリーはゼロです。

合計の報酬は1ヶ月目と同じく50ドルです。

blank
3ヶ月目

 

3ヶ月目も同じようにあなたと組織のメンバーが1名ずつリクルートします。

受け取る報酬はリクルートに対して50ドル。

バイナリーはゼロです。

そして合計が50ドルです。

blank
4ヶ月目

 

4ヶ月目も同じようにあなたとグループのメンバーが1名ずつリクルートします。

受け取る報酬はリクルートに対して50ドル。

この月あなたは累計4名の会員をリクルートしましたので

QRを達成しバイナリーの報酬を受け取れるようになります。

週払いの報酬はパーソナルが7名で 2サイクルとあまり1ですので100ドル×2の200ドルが報酬になります。

継続の報酬は次のタイトルSRからなのでここではゼロです。

4ヶ月目の合計の報酬は250ドルになります。

blank
5ヶ月目

 

同じようにあなたとメンバーが1名ずつリクルートします。

受け取る報酬はリクルートに対して50ドル。

バイナリーの報酬はパーソナルグループの新規会員が今回8名増えたのと

先月のあまりが1名分ありますので合計3サイクルができます。

よって100ドル×3サイクルで300ドルです。

この3サイクルが1週間以内に出来ていれば単価は倍になりますので最大600ドルに

なります。

そしてあなたはこの月で SRの条件を満たしていますので継続の報酬が10ドル×先月のパーソナル7名で70ドル受け取れるようになります。

さらにこの月で累計5名のリクルートを達成しましたので組織売上の8%であるカーボーナスが入ります。

ここでは300ドルです。

5ヶ月目の報酬は720ドルから1,020ドルで10万円前後です。

blank
6か月目

 

あなたと組織のメンバーが1名ずつリクルートします。

受け取る報酬はリクルートに対して50ドルとバイナリーがパーソナルグループで16名増えましたので

5サイクルと余り1でこれに対する報酬が500ドルから800ドルです。

継続収入は前月のパーソナル15名分で150ドルです。

この月カーボーナスは900ドルになります。

6か月目の合計の報酬は1,600から1,900ドルになります。

20万円前後でこの辺りから結構増えてきますね。

blank
7ヶ月目

 

あなたと組織のメンバーが1名ずつリクルートしてリクルート報酬が

50ドル。

バイナリーは新規パーソナルが32名とあまり1名で11サイクルできます。

この報酬が

1,700から2,100ドルです。

継続ボーナスが前月のパーソナル31名分ですが、この月にはディレクターになっていますので単価が15ドルに上がります。

カーボーナスはこの月も900ドルです。

7ヶ月目の合計は3,115ドルから3,515ドルで35万円から40万円でサラリーマンの平均所得ぐらいになります。

blank

予想がつくと思いますが、このくらいまで組織ができると報酬が倍々で増えていきます。

仕組みは同じなので結果だけ見ていきますが、

8月の報酬は現在レートで大体、73万円くらいになります。

9ヶ月目は122万円

10ヶ月目は232万円

11ヶ月目は455万円

1年後の12ヶ月目は月収900万円を達成します。

年収ベースで1億円を超えます。

 

このように1人が1カ月で1名リクルート続ければ指数関数的に増えていきますので膨大な流通を起こすことができます。

ある程度の規模で組織を作れば、仮に新規会員の増え方が落ちてきても

あとは会員の月会費だけで相当な額の権利所得になります。

1か月に1名という比較的控えめな数字でも権利所得として1年で年収2千万円を達成できます。

 

ここで注目していただきたいのがビジネスの初めの段階

1ヶ月目、2ヶ月目、3ヶ月目の報酬が年間に占める割合として極端に少ないことです。

1ヶ月目 6,000円

2ヶ月目 6,000円

3ヶ月目 6,000円

3カ月間の報酬を合わせても最終月の1%にも満たないです。

 

しかも毎月1名リクルートする仕事はこの最初の段階が最も負担がかかります。

いろいろ覚えることがあったり、ツールを試してみたりアカウントを育てたり

報酬が多くないのに労力が大きい時期になります。

 

しかし、ここを乗り切ると次の段階では4ヶ月目、5ヵ月目、6ヶ月目とある程度報酬が発生し出します。

しかもこの頃にはある程度仕事に慣れていますので、やることやっていれば

月に1名と言わず2名3名、スムーズにリクルートができるようになっています。

 

そして次の段階、タイトルで言うとディレクターぐらいになると多馬力の恩恵を感じます。

7ヶ月目 411,000円

8ヶ月目 725,000円

9ヶ月目 1,220,000円

ここで月収100万円突破です。

 

10ヶ月目 2,320,000円

ここまで来ると雇われの仕事では決して得ることができない規模の報酬を獲得できます。

『会社に頼らずに生きていけそう』です。

 

11か月目 4,550,000円

12ヶ月目 9,000,000円

 

1か月に1名を皆がリクルートするだけで1年後には東証1部上場企業の年収以上の所得が30日サイクルで入り続けます。

 

このように実際に数字で見て初めてこの企画の凄さ・・・

多馬力の強烈さを実感していただけると思いますし

天才物理学者アインシュタインが複利こそが人類最大の数学的発見と言った意味が良く理解できると思います。

blank

 

複利運用の力は今回のように倍々とまで言わなくても、もっと控えめに月20%の穏やかな増加だったとしても・・・

年間の増加率は1000%。

つまり1年間で10倍。桁が一つ変わります。

2年間で100倍、3年間で1000倍です。

 

逆に言えばこの複利運用の仕組みを理解していれば

『初めの数ヶ月間結果が出ない。稼げないので辞めます』という発言がいかに見当違いな発言か・・・

どれだけ報酬プランを理解していないか・・・

もう、その発言を聞くだけで手に取るようにわかります。

 

ビジネスをするのに報酬プランや複利の意味を理解していない時点で

失礼ですが・・・控えめに言っても、ビジネスのセンスがないと思われてしまいます。

 

私たちが狙っているのは指数関数の多馬力なんだということを念頭においてください。

 

では問題はこれが現実的に可能なのかという話だと思います。

これに対する私の回答としては全く問題ないと思っています。

 

この複利の仕組みこそが MLM最大の優位性なのですが

通常の MLM だとメンバーが毎月1名リクルートするのは不可能です。

 

なぜならばオフラインの MLM だとリクルートの対象が自分の人脈に限定されますので、

どれだけ知り合いの多い方でもリクルートの対象はせいぜい1000名ぐらいが限界です。

 

しかし今回、オススメしているビジネスは『マルチレベルアフィリエイト』

ネットユーザー数10億人が対象になります。

アポ先が切れることはないんです。

ここから1万2万の組織をつくっても全体のパイから見れば

0.000000何パーセントという規模です。

 

国内の SNS という条件づけをしても何百万、何千万とユーザーはいますので

数千人の組織を作るのに一つの手法だけでも十分、可能です。

 

さらにはメンバー同士で情報共有をスピードを持って行いますので結果が出ている方法をどんどん試していけば、

ビッグルートが止まるということは考えにくいです。

更に、先ほどのシミュレーションでは示しませんでしたが、実際にはアップラインから組織への人の振り分けが起こります。

 

通常の MLM は時間が経てば経つほど対象が減るのでリクルートが難しくなりますが、

オンラインビジネスは経験を積めば積むほどリクルートが容易になりますので、

特に始めたばかりの段階、リクルートが難しい時期にはアップから人の振り分けが起こる可能性が非常に高いです。

 

慣れている方だと一人で50名100名リクルートしてしまっています。

 

そういう理由で始めたばかりでなかなか成果が出せないという時期でも強いアップが

片側の組織を作るサポートをしてくれる可能性が高いです。

 

さらにはアップだけではなく、そのような経験者の方や、あるいはスターと言われる本気の

メンバーはあなたの組織にも一定の確率で出てきます。

 

例えば、私のアップラインのカフカさんやhiroakiさんなんて組織運営や本業の事業で忙しいにもかかわらず

アップラインからの人の振り分けをカウントしなくても、

ビジネス開始からわずか2ヵ月で50名以上の組織をつくり、3ヶ月目にはほぼ100名の組織をつくっています。

また、24歳のyuinaちゃんという女性がいて彼女は facebook を使って1年足らずで100名以上リクルートしています。

 

あなたから始まる組織の中に彼女のようなメンバーが1名出てくるだけで

そこから派生する組織の規模は計り知れないです。

 

さらには強制はもちろんしていませんが、

3ポジション(3つの登録という意味)、7ポジションと複数名義で登録される本気のメンバーも一定数います。

 

このような方は多くはありませんが、一定の割合で必ず出てきますので、

それらを踏まえて考えれば1カ月で1名というシミュレーションはかなり控えめだと言っていいと思います。

 

この企画は時間とともに改良を重ねて(集合知ライブラリーの開発により、貴方が発信者になれるような仕組みも出来ました)

より洗練されたものを作っていきますが

今の段階でも結構な登録が上がっています。

 

この1年間頑張って1カ月に1名のリクルート

 

これを皆がするだけで年収1億円の報酬が得られる。そして権利収入も作れる企画なんです。

月収で言えば900万円以上です。

 

それだけ努力する価値のある仕事なんだと理解していただければ、あまりつまらない事は言えなくなると思います。

では最後に私からまとめと重要な点をお伝えします。

 

まとめと重要点

 

まずはこの企画報酬プランをしっかりと理解し、あなた一人の力でやるのではなく、その何桁も大きい

多馬力を使うことが目的なので、月収ではなくて必ず年収ベースで考えること。

そして多馬力を使うために ”あなた” から始まる組織の新規会員がスムーズに結果を出せるように

皆が成果を上げられる場を作ることを意識して頂きたいのです。

 

どういう意味かというと、参加されたら、あなたがつまずいた場所や難しいと感じること面倒くさいと感じたこと・・・

これを私に教えて欲しいんです。

 

つまり情報共有やほうれん草。これを是非、して頂きたいのです。

積極的に関わって頂いているメンバーには適切なメンバー同士をつないで情報共有する場も個人的に作っていますし

マメに連絡を頂ければ、その都度、方向修正もできますので、お互いにとって必ず良い方向に向かいます。

 

みんなが結果を出せる場を作れば

月に1名と言わず2名3名をスタンダードに出来ますので、指数の傾き自体が変わり、

結果が出るスピードがさらに圧倒的に加速します。

なので是非、積極的に関わってください。

 

今回は『ワールドベンチャーズの報酬で年収1億円を達成する方法』についてお話しさせていただきました。

ほかにも活動をしていると↓こういったボーナスを頂けることもあります。

blank

ワールドベンチャーズでタイトルを達成したらボーナスで219万円頂いた話

2019年2月10日

 

分からないことを聞きたい場合やビジネスに参加されたい場合は気軽に私の個人LINEまでご連絡ください。

blank

ビジネスパートナーを募集中

2018年6月1日

 

ぜひ、一緒に権利収入を作って『会社に頼らず生きていける』ようになりましょう!

blank

【本当に最後 8/16(金)まで】ワールドベンチャーズの初期費用が●●円になるキャンペーン実施中

2019年1月27日

 

**私のLINE IDはこちら**

検索ID kuboderayuusuke(個人のLINEです)

友だち追加

※下のコメント欄にメッセージを頂いてもかまいません。

blank  にほんブログ村 小遣いブログ 不労所得へ  blank

※ぜひ、こちらもクリック頂けると嬉しいです。

blank

2 件のコメント

  • 指数関数の多馬力すごく興味が湧きました。

    久保寺さんの解説が非常にわかりやすく、今ままで見たものとは全く違うなぁとこの記事を読ませて頂いて感じました。
    このビジネスにすごく可能性を感じました!
    LINEの方にご連絡させて頂きました。よろしくお願い致します。

    • sasakiさん
      先日はお問い合わせありがとうございました!
      これから精一杯サポートさせて頂きますので、一緒に堅牢なコミュニティ=堅牢な権利収入を構築していきましょう!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です