旅するカフカの仕組まとめ1【ワールドベンチャーズ 怪しい?】

 

こんばんは!久保寺優介です。

知人や友人から、『どうすれば時間や場所の制約を受けずに収入を得ることができるか?』

【会社に頼らずに生きていく】にはどうしたらいいか?

 

と聞かれることが多いので、私が参加しているビジネス、時間や場所に制約されない仕組みからの収入

いわゆる権利収入の作り方に特化した情報をお伝えしていきます。

※この記事は4つに分けて掲載させて頂いております。順にご覧ください。

 

内容は私の尊敬するコンサルタントである、カフカさんから教えて頂いた権利収入の作り方をまとめています。

 

あなたが求めているものが単純に高収入を得たいのであれば

大手企業で勤めたり成果報酬型の営業で大きな売上を得たり、あるいは稼ぎやすい分野で起業して稼いだり

具体的なテクニックを学び長時間仕事に没頭すれば、それを得ること自体はさほど難しくないと思います。

しかし、あなたが『世界中の美しい場所を旅してみたい』とか

子供が小さなうちは仕事ではなく子育てに専念したい』とか

あるいは『音楽や絵画 読書といった、自分が大好きなことだけしていたい

というようにお金だけではなく間の豊かさも求められているのであれば

仕組み化を前提にビジネスを始めていかなければ全く違う目的地に向かってしまう可能性が高いと思います。

 

情報発信をしている関係で、私の元には様々な情報が届きます。

その中でも特にビジネスの情報にはアンテナを張って偏見なく

いろいろ聞くようにはしていますが仕組み化や権利所得を実現している情報は滅多に無いです。

 

一見、仕組みを作れそうでも、蓋をあけて実際に取り組んでみると

結局膨大に続く作業が必要なアフィリエイトだったり、権利所得を謳うけど実際は仕組みにならず

信用まで失ってしまうネット ワークビジネスであったり

短期的には稼げたけど結局マイナスになってしまう投資案件であったり

私の知る限りで読者さんや身内・友人にお薦めできる情報というのが今までありませんでした。

 

というのも仕組みからの収入を得るためには

それを作るための数年間、無収入でも取り組める時間的、経済的な余裕のある方か

数千万、数億円とまとまった資金を投資できる余剰資産のある方

このどちらかにしか実現できないぐらい難しいものだったんですね。

 

それが最近のインターネットの発達で企画さえ上手くできればアイデア次第で、誰にでも実現できるようになりました。

 

仕組みからの収入を考えていく上で、非常にわかりやすい例えがあります。

まずはこれを使って解説させていただきます。

それはキャッシュフローのクワドラントというものです。

お金を稼ぐ方法を 4つの区分に分けた考え方になります。

 

 

左上から順番に E ・S・ B・ I という 分け方をします。

これらの文字が意味するものですが『E』Employeeの頭文字で従業員、いわゆるサラリーマンです。

企業から仕事を貰い、その労働の対価として給料を得る仕事です。

多くの方がこの、Eに属しています。

 

『S』Self Employed 自分で自分を雇用する自営業の事です。

個人でレストランを経営されている方や、フリーランスのカメラマンやライター

あるいは弁護士や税理士のような士業もこのSにあたります。

 

『B』Business owner これはオーナーです。

実質の経営は他人に託して、権利からの収入を得る仕事です。

チェーン展開する飲食店や美容室のオーナー

特許や創作品から印税を獲得する小説家や漫画家その他のアーティストも このBにあたります。

 

そして『I』Investor 投資家になります。

不動産収入や株や債権といった金融商品からの利益を稼ぐ仕事です。

ESBIの特徴として左側のES は現在の労働に対する報酬を得ています。

一方で右側のBIは過去に作った仕組みや権利からの収入を得ています。

左側のES労働収入型なので医者や弁護士

プロ野球選手のような一流のプレーヤーになったとしても働き続けないと収入は止まってしまいます。

 

つまり、時間の自由を獲得して理想的な人生をデザインするためには右側の権利収入型の収入を作る必要があります。

そうはいっても、いきなり「オーナーになりましょう」とか「投資家になりましょう」

というとなんだか実感を持ちにくいと思いますが

それは規模の問題であって重要なのはこの仕組み化の視点を今のあなたの仕事に取り入れたり

あるいは最初から右側の仕事を選べば良いということです。

というのも、さきほど記載させて頂いた通り

今まではESBIの右側であるビジネスオーナーや投資家になろうと思うと多額の事業投資や余剰資産が必要だったので

ESで成功した人だけが、さらにその稼いだお金を大きなリスクにさらして初めて右側に移れる可能性がある・・・

という世界でした。

 

しかし、近年のインターネットの発達のおかけでお金がなくても

独創的なアイデア次第でビジネスオーナーを実現できるようになりました。

たとえばYouTubeなどの動画サイトから広告収入を得たり、ネット小説や漫画に投稿すれば印税を作ることも可能です。

投資家においても電子商取引の発達により、株や為替の取引が個人でも出来るようになりましたし

不動産投資も民泊やレンタルサービスを活用することで参入のハードルがグッと下がりました。

 

このようにインターネットを活用すれば

企画次第で初期コストをほとんどかけずに権利収入を作れる時代になりました。

ビジネスというのは企画の段階で上手くいくかは、ほぼ決まります。

緻密に企画されたビジネスを選びさえすれば結果を残すことは決して難しくありません。

 

今回、カフカさんが企画したビジネスは、ネット初心者の方でもしっかりと権利を作れるようにデザインしています。

通常のビジネスでは絶対に起こりえない現象、企画のメンバー同士がWin-Winの協力体制を築いており

なおかつ飽和しない方向に進めていけるという相反する性質を調和させています。

 

一般的なビジネスにおいては参入者=ライバルなので、お互いに協力するメリットインセンティブはありません。

それゆえ協力の名のもとに実際は自分ひとりで進めるか、高額な学習コストを払って学ぶしかありませんが

これを見事に回避するように企画されています。

このような将来性や収益性の高いビジネスは私が知る限り、この企画以外はありません。

次回の記事では更に詳しくご説明させて頂きます。

旅するカフカの仕組まとめ2【ワールドベンチャーズ 評判】

2017.10.05

 

早く詳細を知りたい方はお気軽にご連絡下さいませ。

**私のLINE IDはこちら**

検索ID kuboderayuusuke(個人のLINEです)

友だち追加

 

※ぜひ、ごちらもクリック頂けると嬉しいです。

  にほんブログ村 小遣いブログ 不労所得へ

会社に頼らず生きていく方法

社畜だった私がネットで稼ぐようになり
『会社に頼らず生きていく』ために
月30万円~を得た【現実的な方法】
を紹介します

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です