ワールドベンチャーズが優良な投資案件でもある3つの理由

 

こんばんは!久保寺優介です。

『ワールドベンチャーズ』が優良な投資案件でもある3つの理由について共有させて頂きます。

※これは私たちのグループであればという条件付きです。

 

はじめに

 

なぜ不動産投資で5,000万円、本業の年収が2,000万円ある私がワールドベンチャーズのビジネスをしているのかといえば

不動産と同じく、仕組みからの収入(権利収入型の収入)を作りたいからです。

 

仕組みからの収入とは何か?

仕組みからの収入を考えていく上で、非常にわかりやすい例えがあります。

 

まずはこれを使って解説させていただきます。

それは『キャッシュフローのクワドラント』というものです。

 

 

お金を稼ぐ方法を 4つの区分に分けた考え方になります。

左上から順番に 【 E ・S・ B・ I 】 という 分け方をします。

これらの文字が意味するものですが

 

『E』Employeeの頭文字で従業員、いわゆるサラリーマンです。

企業から仕事を貰い、その労働の対価として給料を得る仕事です。

多くの方がこの、Eに属しています。

 

『S』Self Employed 自分で自分を雇用する自営業の事です。

個人でレストランを経営されている方や、フリーランスのカメラマンやライター

あるいは弁護士や税理士のような士業もこのSにあたります。

 

『B』Business owner これはオーナーです。

実質の経営は他人に託して、権利からの収入を得る仕事です。

チェーン展開する飲食店や美容室のオーナー

特許や創作品から印税を獲得する小説家や漫画家その他のアーティストも このBにあたります。

 

そして『I』Investor 投資家になります。

不動産収入や株や債権といった金融商品からの利益を稼ぐ仕事です。

 

ESBIの特徴として左側のEとS は現在の労働に対する報酬を得ています。

 

一方で右側のBとIは過去に作った仕組みや権利からの収入を得ています。

 

左側のEとSは労働収入型なので医者や弁護士

プロ野球選手のような一流のプレーヤーになったとしても働き続けないと収入は止まってしまいます。

 

つまり、時間の自由を獲得して理想的な人生をデザインするためには右側の権利収入型の収入を作る必要があります。

 

優良なビジネス案件、優良な投資案件が人生の成功には不可欠だということです。

 

ではワールドベンチャーズはどうかというと・・・

『B』のビジネスオーナーです。

 

ですが、カフカグループに属して1年、真剣に活動してみて

私たちのグループに参加される方は

優良な投資案件に投資している『I』Investor (投資家)でもあるという価値観になりました。

その理由を今から3つ紹介させて頂きます。

 

優良投資案件である3つの理由

それは

  1. 日本支社オープン→組織倍増→報酬倍増
  2. コミュニティ構築
  3. 自己投資

になります。

まず、ワールドベンチャーズは日本未上陸である今が、いかに投資のチャンスであるかをご説明します。

 

1.日本支社オープン→組織倍増→報酬倍増

 

についてですが、この考えに至ったのは

ワールドベンチャーズが上陸後に会員数が10~100倍になる国や地域があるという話からです。

例えば同じアジア圏で

2015年にオープンした台湾を例に上げると

オープンしてから1週間で組織が3.8万人、現在では約50万人の会員がいると聞いています。

 

台湾の人口は2,157万人で会員数は約50万人

一方、日本は1.27億人と文字通り桁が違い、台湾の約6倍近い人口です。

そうなれば、会員数も300万人かそれに近い人数が参加されてもおかしく無いと思います。

 

少し控えめで考えるために『日本アムウェイ』を例に出して考えると、

アムウェイは日本に上陸して30年以上も活動していて競合の多い美容品系MLMですので

飽和しているとしても、おかしく無い状況ですが

2017年2月の時点で約70万人の会員が日本にいます。

参考:日本アムウェイの会員数

http://www.amway.co.jp/about/company/data/index.html

 

市場規模はアムウェイのサプリメント・美容業界で5,730億ドル、ワールドベンチャーズの旅行業界で1兆3,090億ドルです。

 

 

アムウェイの会員数や市場規模の差、

そして海外展開を考えるとワールドベンチャーズが

日本で100万人の会員数を超えても何らおかしく無いと思いませんか?

すでに海外在住者のリクルートも進んでいます。

※私たちのグループでは約30%のメンバーが海外在住者です。

 

しかも、面白いのはアムウェイには通称【エグ本】というアムウェイで成功した方々の一覧が掲載された本があるのですが

そこに掲載されている成功者の方々はアムウェイが日本に上陸した5年未満に参加登録されている方が約80%

だということです。

これは当然、ワールドベンチャーズでも同様の現象が起きると思います。

 

しかも、旅行系のMLMは世界でワールドベンチャーズの一強です。

他にライバルがいません。

 

現在の日本会員が約1万人と言われていますので、少なく見積もって100万人の会員数になったとすると

100倍です。

 

すごく雑な考え方ですが、組織が100倍≒報酬が100倍になる可能性を秘めています。

 

私のワールドベンチャーズにおける月収が30万円超ですので、それでも月収3,000万円、年収3.6億円になる計算です。

さらに控えめに10倍だとしても月収300万円が継続的な収入として入ってきますし、年収でみたら3,600万円です。

 

私は株もいくつか長期目線で所有しており、株での資産は1,000万円程度ありますが

株より余程、上昇率・効率・持続力が高いです。

 

私も株を始めた頃は10倍株や100倍株といわれる銘柄を探していましたが

見つけるのは容易ではありません。

 

仮に運良く見つけることが出来たとしても、

初心者では、株価が上がっても売り時がわからないですし

「まだ上がるかも?」と欲が出ます。

結果、最終的に損をしてしまうことは有りがちなパターンだと思います。

しかも継続性もありません。

 

そして、そのような⚫⚫倍の株で大きな利益を上げようと思えば

最低でも数十万円規模の投資が必要になります。

仮に10万円で購入した株が10倍になっても

たかだか100万円にしかならないですし、

100倍だったとしても1,000万円にしかなりません。

しかも1回売り切りなので売ったら、それ以上の収入はありません。

しかも⚫⚫倍株は赤字企業や新興市場の株などリスクが高いので10倍どころか10分の1、

もしかすると紙くずになってしまうことも考えられます。

 

ワールドベンチャーズのビジネスであれば継続的に数百万円~数千万円の月収が得られる可能性を秘めています。

これだけでも優良な投資案件だと思いませんか?

 

しかもお金だけではありません。

商材であるDreamTripsという旅行クラブは皆が一生に一度行ってみたい!

と思うような旅行を低コストで提供しています。

全世界に何万件ものツアー数を誇り、毎年サービスも向上しています。

 

仮にワールドベンチャーズが何らかの事情で潰れてしまったとしても

カフカグループであれば情報発信者を育てる仕組みも出来ていますので

最悪、別の商材に変えて挽回も可能です。

 

もっとも、ワールドベンチャーズは世界規模で展開しており

すでに13年間ビジネスが継続しています。

著名人からの支持も

例えば、

  • ウォーレン・バフェット
  • アンソニーロビンズ
  • ケイティー・ペリー
  • ロバートキヨサキ
  • シンガポールのリー首相

など、世界的なアーティストや著名人が支持しています。

 

しかも

7年連続で旅行業界のアカデミー賞と言われている『ワールドトラベルアワード』を多数受賞しています。

WorldVentures(DreamTrips)がワールドトラベルアワード2018を受賞!

2018.09.05

 

当然、売上も右肩上がりです

 

ワールドベンチャーズの裏取りはコレを見れば大丈夫【会社情報】

2018.04.05

 

このような点から継続性も高いと判断できます。

 

そして次の項でお伝えしますが、

コミュニティ構築や自己投資といった面から見ても

優良な投資案件です。

 

2.コミュニティ構築

 

私たちのグループには本当に様々な人財が所属しています。

そして本当の意味でのwin-winの関係が構築出来ています。

そのため、それぞれの得意分野を活かし

不得意分野をフォロー出来ています。

 

普段の生活では絶対に交わらない立場の違う人財。

 

国や地域、性別、職種、環境、年代の違う皆様が集まってコミュニティを構築しています。

本業を持っている方であれば活かせるかもしれないですし

色々な国に在住している方がいますので海外の文化も学べます。

 

そんな方たちがビジネスという共通の話題で盛り上がり、共に学ぶ姿は正にビジネスサロンの様相です。

このまま集合知が蓄積されれば、さながら現代のアレクサンドリア図書館になる可能性も秘めています。

アレクサンドリア図書館:Wikipedia

(アレクサンドリアとしょかん、古希: Βιβλιοθήκη τῆς Ἀλεξανδρείας – Bibliothḗkē tês Alexandreíās)は、紀元前300年頃、プトレマイオス朝のファラオ、プトレマイオス1世によってエジプトのアレクサンドリアに建てられた図書館。

世界中の文献を収集することを目的として建設され、古代最大にして最高の図書館とも、最古の学術の殿堂とも言われている。図書館は多くの思想家や作家の著作、学術書を所蔵した。

 

このグループでは生涯に渡って人生を豊かにするための学習が出来ます。

 

普通の個人投資家でしたらコミュニティを構築したり参加しない限りは孤独ですし

地位も名誉もつかないですが

このビジネスは活動の継続とともに報酬のほか、勝手に地位と名誉も付いてきます。

 

このコミュニティは何物にも代えがたい資産であると私は思います。

 

3.自己投資

 

私たちのグループでは活動とともに様々な知識が身につきます。

特に実生活でも応用の効くビジネスマインドとSNS等を利用した情報発信能力が身につきます。

ビジネスの仕組み上、コミュティを構築するので組織構築も学べます。

 

それに何と行っても習慣のオーダーメイド・トレーニング

仮にワールドベンチャーズに登録されなかったとしても

受講すれば、具体的に ”あなた”人生を総合的に豊かにしてくれる内容となっています。

習慣のオーダーメイド・トレーニング

2018.06.06

 

なぜ、自己投資が大事なのか、あなたはご存知でしょうか?

 

それは人と人が関わるときには必ず『鏡の法則』という法則が効いてくるからです。

 

鏡の法則とは人間心理における最も重要な根本原理です。

どんな法則か簡単に説明すると、あなたと似た人が貴方の元に集まるという事です。

 

『しっかりとした上司の元にはしっかりとした部下が集まる』や

『だらしない親の子どもは、だらしない』など、

いわゆる親の背中を見て育つ

といったことも、この法則が対応してくるわけです。

 

つまり、自己投資をして自分自身が相手に望む状態になっていれば、

必然的に

あなたが望む人財がコミュニティに集まってきます。

だから、自己投資をする必要があるのです。

だから、カフカグループで学ぶべきなのです。

 

最後に

 

以上、今回は『ワールドベンチャーズ』が優良な投資案件でもある3つの理由について共有させて頂きました。

現在、ワールドベンチャーズは日本オープン前なのでオープン国と比べると

相対的にユーザーメリットは低いです。

ですが、その分、ビジネスメリットは高いです。

つまり、投資で大きく稼げるタイミングだと言うことです。

 

株式相場の格言で「人の行く裏に道あり花の山」というものがあります。

『人が見向きもしていないタイミングで安く仕込む』ということです。

 

まだ日本オープン前の日本は、

正に投資として見ても絶好のタイミングと言わざるを得ません。

ぜひ、今から投資をして巨万の堅牢な権利収入を構築していきましょう!

 

真剣にお金を稼ぐために、自分や家族の未来の為に頑張れる方は気軽に連絡してください。

**私のLINE IDはこちら**

検索ID kuboderayuusuke(個人のLINEです)

友だち追加

※下のコメント欄にメッセージを頂いてもかまいません。中国在住の方はコメント欄をご活用下さい。

  にほんブログ村 小遣いブログ 不労所得へ  

※ぜひ、こちらもクリック頂けると嬉しいです。

会社に頼らず生きていく方法

社畜だった私がネットで稼ぐようになり
『会社に頼らず生きていく』ために
月30万円~を得た【現実的な方法】
を紹介します

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です