旅するカフカの仕組まとめ2【ワールドベンチャーズ 評判】

 

こんばんは。久保寺優介です。

前回は ESBIのクワドラントを引用して経済と時間の自由を獲得して

理想の人生をデザインするためには右側の権利所得型の収入を作れば良いというお話をさせていただきました。

前回の記事:旅するカフカの仕組まとめ1

 

 

多くの方に、このような話をすると

『自分も将来は権利所得を作れるように頑張りたいです!』

という意見を頂くことが多いのですが、私があなたにお伝えたかったのは

『権利所得を将来作れたら良いよね』

というニュアンスではなくて、『これからは持っていなければいけない!』という強い主張です。

なぜ 権利所得を持たなければいけないのか・・・

その理由は先進国のビジネスオーナーや投資家達の間には

「ネットやシステムを使うことによってEやSの仕事を減らしていこう!」

という共通認識があるからです。

例えばトヨタとかテスラといった自動車メーカーやGoogleが

自動走行の車を開発していることはご存知だと思いますが、アメリカでは既に公道を走行しています。

日本でも自動走行車が公道を走るのは、もはや時間の問題です。

これが導入されればドライバー関係の仕事をしている方はどうなると思いますか?という話です。

詳しくは自動運転車が奪う、私たちの雇用にまとめてありますので、ご覧ください。

どうなっていくかは、容易に想像ができると思います。

他にもネットショップのAmazonでは工場での荷物の仕分けは既にKIVAというロボットが行い

 

さらにはアマゾンエアーのようにドローンが空輸便を始めてます。

最近ではGPS(位置情報)を利用した無人のコンビニまでβ実験(社内テスト)の段階まできています。

 

このような自動化の動きは運転や仕分け、レジ打ちといった作業の要素が強い単純労働だけなく

高度な専門知識が必要とされている医療の分野にさえ

いまや医療ロボットの導入によって医者の仕事が減る方向に向かっています。

さらに忘れてはいけないのは先進国においては外国人労働者の参入は今後避けられませんので

労働収入型の仕事は熾烈な奪い合いになることが想定されます。

この現象は経済用語で『ジョブレス リカバリー』雇用なき発展と呼ばれています。

『ジョブレス』雇用が無くなる反面『リカバリー』売上はさらに上がるので貧富の二極化が加速します。

事実、海外に出稼ぎに行かざるを得ない方も目立ち始めています。

そうならないように大切な人を守って自分の理想的な人生をデザインするために権利所得を作るのは

もはや義務だと思っています。

 

前置きが長くなりましたが、本日のテーマ

【仕事の選び方】についてお話させていただきます。

 

私の元に寄せていただく様々なビジネス情報の中で、それに時間やお金を使う価値があるかどうか?

判断する基準が3つあります。

 

『1つ目』

稼ぎやすいか?

多くの方と同じように私もお金で買えないものに大事なものが沢山あります。

ですので、それらを優先するために、お金を稼ぐことには効率を求めています。

私が重要視しているのは、レバレッジという概念です。

テコの原理や多馬力・複利と呼ばれることもあります。

ビジネスオーナーや投資家はこのレバレッジの効果を上手く使っています。

例えば、どれだけ人気のレストランでも1店舗の売上は座席数と回転率の掛け算なので上限がありますが

レバレッジを使えるビジネスオーナーや多店舗展開するフランチャイズのオーナーは店舗から

毎月、一定の配当が上がってきているとすれば

このアイデアにレバレッジをかけて2店舗3店舗と展開して、売上を増やしていけます。

投資家も同じように1年間の運用で10%の利益が上がる投資案件があれば

1,000万円を運用すれば年間で100万円のリターンが得ますが、10倍の1億円を運用すれば利益も10倍になります。

このようにレバレッジ・複利の効果が使えるか否かは稼ぎやすさの視点で非常に重要です。

対面のセールスやコンサルタントを選ぶのは稼ぐ目的においては非効率だと思います。

 

『2つ目』

長期的に残せるか?

新しく日本に入ってきた新規事業や世界初のビジネスのような

キャッチーで刺激的なものに短期的な成果を求めて取り組んでも、実際はほとんどのビジネスが数年で無くなっています。

それよりは基盤の安定しているビジネス、プラットホームで長期的に残せる仕事をした方が

売り上げに年数のかけ数になるので年収の桁が一桁かわります。

そのような理由で私は斬新なものを選ぶよりは、基盤の安定感を重視しています。

プラットホームを使うのであれば、アマゾンやGoogleような特権階級をメインに使う方が安定しますし

代理店ビジネスをするなら年商100億円は無いとやりません。

 

『3つ目』

仕組みにできるか?

当然、自由な時間を獲得する上で必須になります。

あなたがやらなくても良いように、どんどん仕事を手放していけるかどうかが重要なので

システムにできるか、あるいは再現性があって、他の人に任せられるか、この視点でも厳しくチェックしています。

 

ここで上げた3つの条件はどれも外せない必要条件ですし、すべての条件を満たすものを初めに選ぶべきだと思いますが

私の印象ではこの仕事選びを妥協してしまう人が非常に多いです。

成果をあげるためには、ここは絶対に妥協できないポイントですので

次にネットビジネスの主流をこの3つのフィルターにかけて評価していきます。

ネットビジネス、ネット副業で参加者が多い業界を選ぶと以下の3つに分類できると思います。

 

  1. 投資トレーディング
  2. ネットショップ
  3. アフィリエイト

 

 

1つ目が投資トレーディングです。

株や外国為替の取引をして利益をあげるというものです。

バイナリーオプションやビットコイン、アービトラージなどもこの1つ目に分類されます。

 

2つ目がネットショップです。

実店舗やオンラインショップから商品を安く仕入れて

仕入れ価格よりも高い価格で販売して利益を上げるというものです。

 

3つ目がアフィリエイトです。

アフィリエイトというのはブログやSNSやYoutubeといったコンテンツで視聴者を集め

そこから広告収入を得たり、特定の情報を販売する仕事です。

 

ざっくりとした分け方ですが、この3つのカテゴリに分類しています。

どれを選択してもやり方次第で権利所得を作れます。

しかし本業の仕事があって、そんなに時間が割けない。とかお金が無くて投資資金が出せない。

といった時間やお金の制限がかかるのであれば、もちろん、選択肢は限定されてしまいます。

この3つのビジネスの特徴をざっと解説させて頂きます。

まず、1つ目の金融商品への投資ですが、複利運用ができますのでスキルがあれば、それ次第でいくらでも稼げます。

 

 

資本主義が続く限り、マーケットが無くなることはありませんので長期性は満たしています。

ですが、仕組化が難しいです。

トレードで利益をあげるだけでも相当難しいのですが、システムにしようと思うと高度な数学的思考とプログラミング技術が要求されます。

一度、システムを組んだ後でも、バックテスト、フォワードテスト、t検定など膨大なデータ検証が必要となります。

とてもではないですが、副業で出来るような生半可な仕事ではないです。

あるいは絶対に勝てる競馬ソフトとか勝率9割のトレードシステム、値上がりを約束された暗号通貨などなど

そんな甘い言葉に誘惑されて市販のソフトを購入される方も多いようですが、そんなものは現実的に作れないですし

万が一でも作れたとしても、設計者の立場に立てば、販売するメリットは皆無

なので当たらない宝くじは買わない方が良いです。

このように投資、トレーディングの業界は生涯をかけて学んでいこうと思われる方や

数十億の巨万な資産を作りたいという方には有効ですが、それだけレベルの高い世界だと認識する必要があります。

 

次に2つ目の転売業界ですが、理論上は仕入れの量や価格を増やせば、大きく稼ぐことはできますし

需給のひずみは普遍的に起こりますので、一度スキルを身に付ければ、長期的に稼ぐことが出来ます。

 

 

仕組化についてもマニュアルを使って外注したり、仕入れや販売の自動化ツールを導入すれば

ある程度までは自動化できます。

しかし、これは理論上の話であって、ネット上で手に入る様な情報を実践しても

多くの手法はすぐに飽和しますので、自分で開拓し続ける必要があります。

その上、税金を考慮すれば転売である程度のお金を稼ぐためには、まとまった額の仕入れをする必要がありますので

よほど上手くやらない限りは余剰資産が最低でも300万円以上は無いとやる意味がないです。

転売特有のリスクもあります。

たとえばamazonやebayといったプラットホームの意向次第で出品できなくなったりします。

また、大量の在庫をかかえてしまったとか、更には輸入した際にコピー商品が紛れ込んで

その1件でアカウント停止になったりする可能性があります。

自分の努力で防ぎようのないリスクを考慮すると、個人的には長期性に問題があり

そんなに魅力的なビジネスではありません。

 

次に3つ目のアフィリエイトですがホームページやブログ、SNSを使うので長期性、仕組化ともに満たしています。

 

 

ツールが発達しているので初心者の方でも初期コスト0円からでも簡単に取り組めるようになりました。

しかし、アフィリエイトは基本的に一回売り切り型のビジネスですので

安定した収益を得ようとすると継続して膨大なアクセスを集める必要があります。

そのためには質の高いコンテンツを作り続けなければなりませんが

実現できませんのでSNSなどを使った簡単な手法で利益があがる仕組みにはなってはいません。

膨大なアクセスを集められるようなSEOを含めたweb集客ができるか

熱烈なリピーターを量産できるコンテンツ作成の企画力、ライティング力のスキルが求められます。

 

この様にこれら3つとも時間やお金に比較的にゆとりがあって

本気に仕事として取り組まない限りは現実的な手段ではないかと思います。

 

では、打つ手がないかというと、そんなことはありません。

これらの欠点を補う方法があります。

3つ目、アフィリエイトの仕組化を語る上で、諸刃の剣を組み合わせる方法です。

この、諸刃の剣の正体と組み合わせのビジネスの詳細については

もう他記事をご覧になられている方はご存知かもしれませんが、次回の記事で詳細をご案内致します。

諸刃というぐらい、単体で使うにはリスクが大きく

扱いにくいのですがアフィリエイトと組み合わせる事で、とんでもない優位性を発揮します。

この組み合わせのビジネスは驚くほどの相乗効果を実現しています。

ネットに繋がるPCやスマホ1台あれば簡単に取り組めます。

ネットに繋がれば良いので、場所や時間に制約を一切うけません。

好きな時に好きなだけ取り組んでもらえれば結構です。

あなたが仮にネット初心者でも単純作業だけでも十分に稼げるのでwebの知識は不要です。

さらに積み立て型の収入が作れるので仕組みからの収入が入り続けるシステムになっています。

加えてネット上の匿名性により、誰かに会って話をする必要はないですし、誰にも知られず稼ぐことができます。

このように並べると嘘のような話に聞こえると思いますが、本当です。

次の記事で更に詳細をご説明致します。

旅するカフカの仕組まとめ3【ワールドベンチャーズ 口コミの連鎖】

2017.10.07

 

早く詳細を知りたい方、ご質問のある方はお気軽にご連絡下さいませ。

 

**私のLINE IDはこちら**

検索ID kuboderayuusuke(個人のLINEです)

友だち追加

 

※ぜひ、ごちらもクリック頂けると嬉しいです。

  にほんブログ村 小遣いブログ 不労所得へ

会社に頼らず生きていく方法

社畜だった私がネットで稼ぐようになり
『会社に頼らず生きていく』ために
月30万円~を得た【現実的な方法】
を紹介します

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です