アパートでカビが発生する理由と対策まとめ

こんばんは。久保寺優介です!

今日は私が管理させて頂いているアパートで起きた「カビ発生」トラブルをご紹介させて頂きます。

だいぶ涼しくなってきたとはいえ、湿度が高くて蒸し暑い日が続きますね。

カビ発生は梅雨の時期だけではなく、湿度が高い夏の時期も気を付けなければなりません。

もちろん台風の時期や冬の寒い時期もカビ問題は発生します。

今回は管理しているアパートの入居者様から「カビが生えた」というクレームで困ってしまった事例をご紹介させて頂きます。

かなり築年数が経っている古いアパートの1階の入居者様から「カビがひどくて住んでいられない。押入れの中の洋服や下駄箱の中の靴がカビてしまったので弁償してほしい。咳がひどくなり、医者に行ったので治療費と会社を休んだことによる休業補償もしてほしい。もう、ここには住めないので引っ越し費用を出して欲しい。」というクレームを頂きました。

新築ならコンクリートなどに水分が残っていてカビが発生することがありますが、このアパートは古く、今までもカビ問題が発生したことはありません。

前の入居者様の時代にも、そんなことはありませんでした。

とにかく現場を見てみることが大事なので訪問してみると、確かに室内はカビの匂いがしています。

下駄箱と廊下に近い和室の押入れの中と壁紙にもカビが発生しています。

 

靴や洋服に白いカビが点々とついていて、クリーニングしても着るのは嫌だろうなと思うレベルでした。

築古アパートやマンションのカビ発生は給排水からの漏水や雨漏りが原因であることが多いのですが、この部屋は給排水管の無い場所や外壁に面していない箇所もカビており、どうやら建物の老朽化が原因では無さそうな気がします。

入居者様に許可をとり、カビている部分の壁紙を剥がしてみると、壁紙の表面はカビていますが、裏面はカビていません。

つまり、カビの原因となる湿気は壁の裏側からではないの言うことが判りました。

 

その後、押入れの内部、下駄箱の内部のカビの発生の仕方を確認しましたが、やはり建物の躯体からではなく、室内側の湿気が原因であるカビの生え方をしていました。

カビが発生している場所がいずれも浴室に近いので、お風呂の使い方や頻度などを確認すると、ある事実が分かりました。

それは、浴室を使用した後に乾燥させるために扉を開けっぱなしにしているという事です!

浴室には換気扇があるので、浴室の扉を開けっぱなすのではなく、閉めて乾燥させるのが本来の使い方です。

そのように説明すると、「浴室の扉を閉めていると乾燥しなくなったので仕方なく開けている」と仰います。

調べてみると浴室の換気扇フィルターが埃やカビだらけで目詰まりしていました。

これが換気扇の換気能力を下げていたのです・・・

カビが発生した和室もしらべてみると、壁にある換気口のフィルターにもびっしりと埃やカビがついていました。

掃除が行き届いていないので床に積もった埃が空気中を舞ってフィルターを詰まらせてしまい、通気が出来なくなって湿気が溜まり、カビの発生原因となっていたのです!!

今回は建物が原因ではなく、入居者様の生活の仕方に原因があったので、大家さんが弁償するものではないことを説明して納得いただきました。

この事例のように、カビ発生のクレーム原因は、通気不足であることは案外多いと思います。

入居者様の生活習慣がカビの発生原因であるケースとして、よくあるのが・・・

  • 全く窓や換気口を開けない
  • 掃除不足で換気口が埃でつまっている
  • 熱帯魚を飼育している
  • 煮炊きが多い
  • 加湿器を使用している
  • 部屋干しをしている
  • 石油ファンヒーターを使用している

などが挙げられます。カビの発生は健康上の被害や家財や衣類の弁償などの問題に発展しやすいのでしっかり原因をみつけて家主様、入居者様ともに早めの対処が必要なんですね。

まとめ

皆さんのお部屋は大丈夫でしょうか?

私もあまり、掃除が好きな方では無いので、ひさしぶりに家の換気扇を掃除しようかと思います。

対策としては、掃除をこまめにする。熱帯魚は飼育しない。加湿器は、よほど乾燥してない限りは使用しない。

部屋干しをするときは除湿器を下に設置する。暖房器具は石油ファンヒーターではなく、電気やガスヒーターなどを使用すれば、カビは生えにくいと思います。

それでは!また。

不労所得ランキング

会社に頼らず生きていく方法

社畜だった私がネットで稼ぐようになり
『会社に頼らず生きていく』ために
月10万円~を得た【現実的な方法】
を紹介します

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です